ホームページで表す企業の個性

ホームページは一からサイトを構築するため、非常に自由度が高いです。
よって、ホームページには企業の個性やセンスが表れます。

 

トップページ

トップページは最初に訪問者の目に入るページなので、最もインパクトと個性を表現するべきページです。人と同様、ホームページにおいても第一印象は大切で、他のページよりも力を入れて作成する部分でもあります。動画が再生されたり、アニメーションで動く部分がクリックできる項目であったりと、サイトに興味を持ってもらうために、様々な工夫が凝らされています。また、ホームページは企業の顔となり、企業のイメージを表すものでもありますので、企業によってはシンプルで綺麗にまとめたサイトも数多くあります。

背景

一番大きな画像を使える部分であり、ホームページの雰囲気やインパクト、イメージを左右します。そのため、会社や企業のイメージに合うカラーを使う、商品を際立たせるためにダークカラーを背景に使う場合もあります。背景は、ホームページのイメージ、雰囲気作りとして強く印象に残るので、簡単には変えられない部分です。

レイアウト(配置)

レイアウトによってホームページの使いやすさ、見やすさ、分かりやすさは違ってきます。レイアウトが悪いと、項目がクリックしづらい、全体が見にくく分かりにくい、内容が頭に入ってこない、といった問題が生じて結果、訪問したくないサイトになってしまいます。頻繁に大きく配置換えはできませんが、新商品など新たな商品を掲載する上で細かいレイアウト変更が必要な場合もあります。

色合い

色合いは、雰囲気とイメージ、見やすさに関わってきます。こちらもイメージに関するので頻繁に変えることはできませんが、季節ごと、年度ごと、といった一定周期で変えることができます。色合いが悪いとイメージダウンにもつながりますので、十分に配慮する必要があります。

Web作成のことでしたら、岐阜県の高山市と飛騨市に事務所があるカカワリネットへお任せください。
カカワリネットでは、お客様の利益につながるようマーケティング、プロモーションを考慮した上でWeb作成をいたしますので、お客様がイメージしたホームページをカタチにします。