見やすいWebデザインとは

集客力のあるホームページは、レイアウトや色使いが工夫されていてとても見やすいです。情報量が多く、ごちゃごちゃしたデザインのホームページはすぐに閉じられてしまいます。

たくさんの方に見てもらえるホームページを作るために、見やすいWebデザインの特徴をご紹介します。

情報が整理されている

情報が整理されているWebデザイン
情報が整理されているWebデザイン

トップページに文字がぎっしり書いてあるホームページや、ページ数がやたら多いホームページは情報が多すぎるので、どこから見ればいいのか迷ってしまいます。あまりにも情報が多いと目も疲れてしまうので、どのような情報でもホームページに掲載するのではなく、情報を整理して必要な分だけを掲載する必要があります。

例えば岐阜県の魅力をアピールするホームページを作る場合、県内の特産品や観光地を全て紹介するのではなく、高山市は特産品を一つ、飛騨市は観光地を一つ紹介するという風に情報を絞ることが大切です。

縦書き、横書きを統一している

統一されているWebデザイン
統一されているWebデザイン

同じページに縦書きの文章と横書きの文章が混在していると、スムーズに文字を読み進めることができません。縦書きの文章は右から左へ読み進めていきますが、横書きの文章は左から右へ読み進めていくので、読み始めがわかりづらくなってしまいます。

ほとんどのホームページは文章が横書きで書かれているので、横書きのWebデザインをおすすめしますが、縦書きにこだわりたいという場合は、全て縦書きに統一しましょう。

適度に余白がある

人気のホームページやブログは、文章の合間にわざと余白を作っています。余白を設けることで目を休めることができるので、ホームページが見やすくなるのです。

Webデザインの余白は、人が話しをするときの「間」と同じ役割を果たしています。話しが上手い人は話の合間に間を置いて相手に情報を整理させる時間を作っていますが、見やすいWebデザインは余白の部分で読んだ文章を一旦頭の中で整理することができます。

見やすくて集客力のあるホームページを作るなら、カカワリネットへお任せください。カカワリネットは岐阜県の飛騨市と高山市に事業所がございますが、富山県の高岡市や石川県の金沢市などの周辺都市からの依頼もお待ちしております。